カサブランカ

アフリカ大陸で4番目に大きな都市で、モロッコの商業と経済の中心を担っている都市です。
古くからのメディナや1920〜1930年に建築された近現代建築と現代的な高層ビルが共存する不思議な街です。

Hassan II世モスク

カサブランカの最大のみどころです。メッカに次ぐ世界で2番目に大きなモスクで、25,000人の信者を収容できます。
海沿いに高くそびえるモスクのミナレットは200mの高さで、夜にはメッカの方向30mを照らしています。
カサブランカ発個人旅行 カサブランカ発個人旅行

アンファ Anfa

ムハマド5世空港からHassan?U世モスクに向かう途中にある高級住宅街。
1930年以降に建設されました。まるでホテルのようなその豪邸の庭先には、色鮮やかな花が咲き乱れます。

現在は取り壊されてしまったが、このあたりにあったHotel d'Anfaで、1943年1月の第2次世界大戦中に、フランクリン・ルーズベルト米国大統領とウィンストン・チャーチル英国首相の歴史的な会談が実施さ、連合国のノルマンディ上陸が決定されました。ドイツ軍がこの際、暗号解読にあたり”Casablanca”を誤ってワシントンのホワイトハウスと間違えて訳し、この会談を阻止するのを失敗したという裏話が残っています。
この会談時に、ルーズベルト大統領が、当時のスルタン モハメド5世にモロッコのフランスからの独立を公約し、モロッコにも新しい時代がやってきたのです。