モロッコ体験談 旅行記 2016-2017

体験談・旅行記をお客様から頂戴しました。

体験談に記載される期間はいずれも、モロッコ国内で過ごした期間です。写真はいずれもお客様のご提供です。

モロッコ体験談: 2017年5月8日〜15日
<スケジュール>
1日目 カサブランカ マラケシュ(国内線) ハミドさん達と合流 モロッコ 体験談マラケシュリヤド泊
2日目 終日マラケシュ観光 モロッコ 体験談リヤド泊
3日目 マラケシュ アトラス越え テルウェット・カスバ アイト・ベン・ハッドゥ ムグナ→ダデス谷 モロッコ 体験談オーベルジュ泊
4日目 ダデス谷 トドラ渓谷 エルフード メルズーガ モロッコ 体験談ラクダに乗って砂漠のテント泊
5日目 終日サハラ砂漠で遊ぶ モロッコ 体験談オーベルジュ泊
6日目 メルズーガ→エランディア ズィズ渓谷 ミデルト アズルーの森 イフレン→フェズ モロッコ 体験談リヤド泊
7日目 終日フェズ観光
8日目 早朝フェズ空港 ハミドさん達とお別れ カサブランカ空港より出国


「いつかは・・・」と思いを募らせていたモロッコへの旅。特にサハラ砂漠は満喫したい。
今回、バルセロナまでのマイル利用の特典チケットが取れたので、いよいよ思いを叶えることができました。ただ、問題なのがモロッコ国内の移動。
行きたいところ、やりたいことを網羅するにはモロッコ国内のよほど頼りになる会社を見つける必要があります。ネットを懸命に探す中で見つけたのが『サハラ砂漠の風』でした。

最初の問い合わせメールの送信から、この旅の成功は始まりました。行程作成の参考にしていた様々なツアーの日程や行程では私たちも希望が叶えられそうになかったのですが、『サハラ砂漠の風』からの最初の返信の段階で、こちらの要望がすべて含まれた提案が提示されてきました。さらに思いもしない数々の魅力的な提案まで含めたものが。しかも料金も良心的。(まさかチップまで含んで、この価格とは)



プラン作成でのメールのやり取りも非常に多く、詳細なものでした。モロッコの会社との契約で、しかもやり取りがネットのみということにに不安を覚える方もいるかもしれませんが、これほど丁寧にメール交換をし、その中に様々な配慮を感じれば安心されると思います。印象的だったのは、一度は確定したプランだったのに、ハミドさんから「最近、あまり良くない気がするから」と宿泊するリヤドの変更の打診が来たこと・・・。こちらの出発ギリギリまで、「とにかく最高の旅の手伝いをしたい」「大好きな自分の国モロッコを知ってもらいたい」というハミドさんの思いが伝わってきました。

実際、今回宿泊したリヤドやオーベルジュなどはいずれも満足いく所ばかりでした。リヤドは立地・雰囲気とも満足のいくものでしたし、渓谷のオーベルジュは眺めの良い場所と超がつくほどフレンドリーなスタッフ。こちらが壁に書かれたベルベルの文字に興味を示せば、なぜかベルベルの音楽の即席コンサートが始まるなんてことも(笑)砂丘の目の前のオーベルジュでのんびりできたのも良い思い出です。砂漠のテントなんて、温水シャワーに水洗トイレ付き。寝心地良いベッドに洗面台付き。「ここは砂漠の中だよな?」って感じですが数ある砂漠のテントから、このテントを勧めてくれたのは日本人の好みを知っているからなのでしょうね。

『サハラ砂漠の風』ならではの機動力やプランニングは価値あるものです。特に印象的だったのはアトラス越えの際に、メインルートを逸れて訪問したテェルウェット・カスバ。ここは日本のガイドブックにも記載がないし、旅行会社のツアーの中にもありません。細く、凸凹の道を行った先には内部の装飾が素晴らしいカスバがありました。そこで撮った写真はパネルにして事務所に飾るほど気に入っています。



サハラ砂漠で1日のんびり過ごしたのも最高でした。砂丘を回りながら、ノマドのご自宅でミントティーを頂いたり、化石を拾い集めてみたり・・・。これらは『サハラ砂漠の風』ならではのプランでしょう。朝夕に見た砂漠と空の景色はとても印象的だし、砂漠の砂があまりに細かく、素足で歩けば足の指の間から砂が流れていきます。ハミドさんが「砂漠は本当にいい所」と言っていたこと、よくわかりました。砂漠に多くの時間をとったのは正解でした。アドバイスに感謝です。

ムグナの街で名産のダマスク・ローズが満開の頃だったこと。その時、道売りの人からハミドさんがプレゼントだと言って、ダマスク・ローズの生花でできたリースを買ってくれましたね。車内にいい香りが溢れていました。今はドライフラワーとして飾っています。

フェズへの長いドライブの途中、道端のさくらんぼ売りから、やはりサービスと言って大量のさくらんぼを買ってくれたことも・・・。



長く一緒に移動していく中で、コーディネーターのハミドさんは、どれほど多くの心遣いをしてくれたことでしょう。念願のモロッコに来られたという思い以上に、このような人と旅しているということの方が楽しさを増していたように思います。ここでは書ききれないほどの思い出や感謝の思いが溢れています。

この旅をコーディネートしてくれたハミドさん、本当にありがとう。こんなにも素敵な旅ができたのは、あなたのおかげです。

ドライバーのハミドさん、あなたはいつでも笑顔でした。長い距離の移動でも、あなたは安全に快適に私たちを運んでくれました。あなたが入れてくれたミントティー、本当に美味しかったです。

私たちとモロッコをつないでくれたキョウコさん。お忙しい中、いつも迅速にハミドさんと共にサポートをしてくださって、心から感謝しています。あなたがいて『サハラ砂漠の風』が身近になりました。

一人でも多くの方々が、モロッコを訪れ素晴らしい景色や文化、おししい食事や旅人に優しいモロッコの人々と出会うことを願っています。そして、それらの方々が私たちのように、『サハラ砂漠の風』の心あふれるサポートに触れることを切望しています。

まだまだ行きたい場所、見たいものがあるんです。必ず、モロッコを再訪したいと思います。そして、二人のハミドさんとまた旅をしたい。また会いましょう。お元気で。

モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー
モロッコ体験談:2017/5/21〜2017/5/27 (ハネムーン)

以前から1度は訪れてみたいと思っていたモロッコ。
仕事でまとまった休みも取れず、新婚旅行の機会にやっと行けることに。
団体ツアーではなく、2人だけで行きたいと思っていたところ、インターネットでサハラ砂漠の風を見つけ、連絡をしてみました。すぐに返事もいただき、希望のスケジュールをより効率良くまわれるよう、アレンジしていただきました。

当日は、空港に着くとハミドさんとドライバーのハミドさんが出迎えてくれ、トヨタのランドクルーザーに乗り込み、旅がスタート。ハミドさんは日本語がとても上手く、車内でも日本語でモロッコの歴史や文化、言葉など教えてくれました。途中休憩ではミントティーでモロッコ流のおもてなしをいただき、移動中も楽しい時間を過ごすことができました。ドライバーのハミドさんも日本語は話せませんが、いつもニコニコしていて車のドアを開けてくれたり、休憩している間に車内を綺麗にしてくれたり、日本人以上に日本人の心を知っている2人に本当に感心しました。移動が多い旅行だった為、ハードではありましたが、街に着くとハミドさんが街の地図で見どころを説明してくれ、効率良く、街を回ることができました。

リヤド(宿)もとても綺麗でお洒落、そしてリヤドの人も皆さん優しくフレンドリーな方で安心して過ごすことができ、満足でした。

青い町のシャウエンはとても幻想的で、また自然も多く落ち着いた街。いい写真もたくさん取れました。モロッコ1古い町のフェズでは迷路のようなスークを歩いていると、大騒ぎの人の群れで道が通れず。何かと聞いてみるとモロッコ王がそこに来ているとのこと。あまりの騒ぎで、ムハンマド6世をお目にかかることはできませんでしたが、モロッコ人の国王に対する敬愛の念を垣間見ることもできました。

メルズーガ砂漠で見た夕日、星空、朝日。どれもここでしか味わえない素晴らしく心に残るもので、移動中の疲れも吹き飛びました。ラクダの1時間移動もハードでしたがいい思い出です!

マラケシュに移動するまでの道のりも壮大な自然が果てしなく続いて、まさに絶景と言わんばかりの素敵な景色でした。マラケシュではマジョレル庭園やスーパーマーケットに車で送ってもらい、スークを歩き回って、夜はフナ広場の屋台を楽しみました。とにかく客引きがすごかったですが、魚のフライにイカリングがめちゃくちゃ最高に美味しかったです。

食事は、タジンやけケバブでとても美味しいですが、だんだんと少し飽きてきます。笑
そんな時に食べたフルーツ、メロンがとてつもなく美味しかったです。そして何より安い!移動の途中でハミドさんがアプリコットやチェリーを買ってくれたので、車内でもたくさん現地のフルーツを食べることができました。

今回の旅で本当にWハミドさんには、感謝しかありません。車内では水がぬるくなってくるとすぐに冷たい水をくれますし、車内に戻ると空気まくらにドライバーのハミドさんが空気を入れてくれてて、ここまでしてくれていいのか、と感じる程でした。日本ではそこまでのサービスはしてくれませんし、日本にいては感じられない人の優しさに触れられたように思います。

最後空港まで、疲れた顔1つせず、(相当ハードだったと思いますが)見送っていただき、1週間も一緒に過ごした時間を思い出すと本当に寂しい気持ちになりました。短かったようで、とても濃く、ベルベルの歴史や文化について考えさせられることもたくさんあり、充実した時間を過ごすことができました。

また、時間が限られている中、車をチャーターしてのプライベート旅行ができたので行きたいところも全て回れ、本当に満足な旅行になりました。

ハミドさん ドライバー ハミドさん サハ!!! また日本に来た時は遊びに来てください。

キョウコさんも色々とアドバイスや連絡いただき、ありがとうございました。

スケジュール
1日目 カサブランカ〜メクネス メクネス泊
2日目 メクネス〜ヴォリビリス〜シャウエン  シャウエン泊
3日目 シャウエン〜フェズ   フェズ泊
4日目 フェズ〜メルズーガ   メルズーガ砂漠泊
5日目 メルズーガ〜マラケシュ マラケシュ泊
6日目 マラケシュ       マラケシュ泊
7日目 マラケシュ〜カサブランカ 帰国

モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー
モロッコ体験談:2017/3/13〜2017/3/20
『モロッコ サハラ砂漠でラクダに乗る』私のバケットリストの一つが叶いました。娘と2人で旅してきました。
スケジュール
3/13 マラケシュ (ドバイ経由カサブランカ)
3/14 マラケシュ→ダデス
3/15 ダデス→メルズーガ
3/16 メルズーガ
3/17 メルズーガ→フェズ
3/18 フェズ→シャウエン
3/19 シャウエン→メクネス
3/20 メクネス→カサブランカ

3/13(月)
カサブランカに到着!長い長いフライトでした。空港の到着ゲートで待ってもハミドが現れず、どうしよう(^_^;)と思って空港の外を見てみると、大勢の人たちがプラカードを持って立っていました。そこでハミドを発見。ほっとしました。後で京子さんに聞いたら、旅行客以外は空港に入れないとことの事。セキュリティーはしっかりしていました。
偶然にもドライバーもハミド。Doubleハミドにお世話になります。初めてのアフリカ。少し緊張していましたが2人の笑顔を見て安心しました。
リヤドにチェックインして、テラスでミントティーを頂いたあと、タウンガイドのアターマンと合流しました。フナ広場からスークの中を2時間ぐらい案内してもらいました。スークはお店がいっぱいで娘と2人だと100%迷っていました。職人さんが作業している奥の方まで案内してもらい、バブーシュやマルシェバック、陶器などを買いました。特にバブーシュは以前にお土産にもらったものは臭くて家族のブーイングにあったのですが、アターマンが連れて行ってくれたお店の物は臭くなかったです。アターマン曰く、安い物は粗悪品が多く、臭くてすぐにダメになるとか。2度縫いをしていて内側も革の物がいいそうです。あと革は羊が一番だと。
夕日が沈む頃、フナ広場のカフェのテラスから見事なサンセットを楽しむ事が出来ました。
マラケシュ 体験談

3/14(火)
朝7:00。ホテルの屋上のレストランで朝食。出発時間に合わせて早めに用意してもらいました。クロワッサン、フレッシュオレンジジュース、ヨーグルトムース、フルーツなど ここの朝食が一番GOOD!でした。
今日はアトラス山脈超えです。乗り物酔いの薬も飲んで準備万端です。テェルウェットまでは細いくねくね道を行きます。半分ぐらいは寝ていたので全く酔わなかったです。テェルウェットはモロッコで一番保存状態が良く美しいカスバだそうです。内装はスペインのアルハンブル宮殿のようでした。観光客もほとんどいなくて貸切状態でしたのでゆっくり見学できました。
次にアイトベンハッドに行きました。まずはアフリカンチックレストランでランチ。チキンタジンンとモロッカンサラダ。ピリッとスパイスが効いていてすごく美味しかったです。アイトベンハッドは今でも何人か暮らしていると聞いてびっくりしました。息を切らしながら頂上まで登り、見事な絶景に疲れも吹っ飛びました。
ダデス渓谷の中にあるリヤドに到着。目の前に渓谷が広がりゆっくりできました。

3/15(水)
朝8:00出発。トドラ渓谷に寄り、いよいよサハラ砂漠です。サンセットの時間に合わせて、カフェでミントティーを飲みながら時間調整をして。リュックだけを持っていざ出発です。砂漠の近くにラクダ2頭とベルベル人のお兄さんが待っていてくれて、
体験談 砂漠
そこでベルベル人のジェラバに着替えて、ハミドから頂いたブルーのスカーフを巻いてもらいました。すっかりベルベル人。衣装は翌日まで持っていてもいいよと言ってくれたので、帰りも着させてもらいました。Doubleハミドと別れてらくだ引きのお兄さんと私たち3人でツーリストテントに向かいます。誰もいない静まり返った砂漠で私と娘の声だけが響いていました。砂漠の真ん中でラクダから降り、リュックと靴をラクダに横に置いて、裸足で小高い丘を上りました。最後の3mが難所でズルズルずり落ちて全然前に進めません。体力も尽きて諦めかけた瞬間、らくだ引きのお兄さんが頭に巻いていたターバンを外して投げてくれて、私たちを一人ずつ引き上げてくれました。
体験談 サハラ砂漠の夕日
サンセットまで3人でただただ砂漠を眺め、静かに時間が経つのを待ちました。本当に贅沢な時間です。言うまでもなくサハラ砂漠のサンセットは今までで一番感動しました。
辺りが薄暗くなり、再びラクダに乗りテントに向かいました。ベルベル人スタッフがお出迎え。ゲストテントは4つだけ。あと食事用の大きなテント。その日のゲストは中国人の女性2人と私たちの4人だけでした。テントは想像していたのとは全然違って、いい意味で大きく期待を裏切ってくれました。
まずはここのしきたり?ミントティーと美味しいスイーツでもてなしてもらいました。
体験談 夕日とサハラ砂漠
夕食は大きなテントで豪華なディナーを頂きました。4人でテンションマックスです。まるでセレブリティーみたい〜とお姫様気分を満悦しました。夕食後はbone fireを囲んでベルベル人の演奏を聞きました。ベルベル人にドラムの叩き方を教えてもらってセッションしたり、歌ったり踊ったり、そして長い時間、楽しくおしゃべりを楽しみました。
もちろん流れ星も見ました。non-nativeの6人が英語で話が盛り上がり、色んな人種が混じり合って一つになる まるでモロッカンサラダみたいだねって。ベルベル人が何度も言っていた"Don't be shy"が印象的でした。何でもチャレンジですね。
次の日は朝6時起床 6:15〜6:20にテントから出て、丘の上からサンライズの予定でしたが、あいにく曇りで風も強くうっすらと太陽が見えたぐらいでした。

3/16(木)
朝食後、ベルベル人スタッフが風が強いからとスカーフをしっかり巻いてくれ、再びラクダでハミドの元へ。昨日とは打って変わっての悪天候。サングラスをしていても目が開けられないぐらいの砂嵐。耳、目、鼻すべて砂だらけになりました。
無事、Doubleハミドと合流し、化石拾いに行きました。砂嵐、慣れてないので立っていられない。 Doubleハミドが一生懸命化石を探してくれてプレゼントしてくれました。化石 本当に落ちているんだ〜と感動しました。その後はノマドのテントにおじゃましました。リアル過ぎて・・・貴重な体験でした。
ランチはピザ(特大のミートパイみたい)これが本当に美味しかったです。4人でシェアしたけど食べきれなかったです。砂漠のコンサートホールみたいなところで聞いたグナワの演奏も新鮮でした。
今日は早めにauberge du sudに行き、ゆっくりしました。このホテルは日本の旅行社もよく使うみたいで、友人も以前泊まってすごく良かったと言っていました。ただ、正直、砂漠のテントがあまりにも印象的でここのホテルは可もなく不可もなく・・・と感じてしまいました。日本人も何人か見かけました。

3/17(金)
今日はフェズまでのロングドライブです。途中あちこち停まって写真を取ったり休憩したりしながら、さるの住むアズルーの森に行きました。ハミドがピーナッツを買ってくれて、さるにあげました。もっと頂戴ってスカートの裾を引っ張るおさるさん。とてもcuteでした。ヨーロッパの雰囲気のイフランも素敵でした。
アズローの森
ランチは店先に羊がぶら下がっててかなりグロテスクなお店でしたが、味はGOOD! 臭みもなく美味しかったです。
この頃 少し関節が痛くてお腹の調子もあまり良くなかったのですが あまり気にしませんでした。リヤドにチェックインしてから娘と2人でブージュルード門に行きました。途中で警察官に道を聞いたらフランス語でした。予定ではこのリヤドでハマムを体験するはずだったのですが、娘の右目が腫れていてばい菌が入ったら困るので断念しました。ハミドは「虫ではないと思うよ。たぶん砂嵐の時に砂が入ったのかも」って。2〜3日で目の腫れも治まってサングラスは必要なくなりました。ところが 今度は私がダウンです。リヤドに着く頃には高熱と下痢でフラフラでした。娘にどん兵衛を作ってもらい、ポカリを飲んで、バファリン飲んで、冷えピタ貼って夜7時に寝ました。
娘は1人でレストランへ行き、スタッフやシェフと楽しく会話しながら食事を楽しんだそうです。

3/18(金)
元気になりました。シャウエンまでには回復しなきゃと根性で治しました。ハミドには心配かけました。
青い街・シャウエンには昼ごろ到着しました。Riad Darechaouenは本当に可愛らしいリヤドで、カメラスポットがたくさんありました。スタッフも英語OKでした。ミントティーで一息ついたら ハミドに地図をもらい、とりあえず広場まで行くことにしました。
シャウエン 体験談
細い路地の両側にお店がいっぱいで、つい見てしまってなかなか目的地に到着しませんでした。広場にあるオープンカフェでランチです。ピザとオムレツをオーダーしましたが、たぶん冷凍ピザかな。でも、雰囲気は良くて行き交う人々を見ながらゆっくり出来ました。
さあ ショッピングです。マラケシュよりはのんびりしていて買い物もしやすかったです。途中でベルベル人の衣装を着せてもらって記念撮影。カラフルで可愛らしかったです。10dhでした。
ハミドが勧めてくれた丘の上の白いモスクまで行きました。シャウエンの街を見渡せて、絶景でした。
リヤドのディナーはいい雰囲気のレストランでスタッフと会話を楽しみながら頂きました。私はお腹の事を考えて、野菜タジンをオーダーしましたがこれが今までで一番美味しいタジンでした。デザートのヤギのミルクのヨーグルトもとても気に入りました。

3/19(土)
朝早く散歩に行きました。昼間とは全然雰囲気が違ってびっくりしました。家のブルーのドアが閉まっていて 行き交う人も少なかったので素敵な写真がたくさん撮れました。 9:30 メクネスに向けて出発です。途中、ヴォルビリス遺跡に寄り、1時間ぐらい散策しました。ローマ時代の遺跡がこんなにもいい状態で残っているなんて。
メクネスではマルジャンというスーパーに寄ってもらいました。アラビア語の新聞を買いたかったのと、お菓子など。ハミドに見つけてもらったモロッコのオレンジのクッキーはとても美味しかったです。カサブランカ空港の免税店で倍の値段で売っていました。
メクネスのリヤドは広場から近くてとても便利が良かったです。部屋も広くて、ダブルベットを2台置いても、まだ十分なスペースがありました。
チェックインの後、広場に行ったのですが 突然の土砂降り。靴もスカートも泥がはねてぐっしょり濡れてしまい、おまけになんだか臭い。すぐに雨が止んだので気を取り直してスークに行ったら すごい人。現地の人が日用品などと買っていました。メクネスは私には合わなかったかも。たぶん雨のせいかな。
夕食はおしゃれなレストランで頂きました。初めてミートボールのタジンを食べました。ソースは美味しかったのですが、ミートボールの上にパクチがどっさり。パクチ・・・ちょっと苦手です。
部屋で娘と楽しかった旅の余韻に浸りながら パッキングをしました。

3/20(日)
ハミドにお願いして早めに空港に到着してもらう事にしました。朝食を6:30にお願いしておいたのですが6:30にロビーに行くと電気が消えていて朝食はまだだって感じの事をフランス語で言うので、ジェスチャーで今、食べたいってお願いしたら、簡単な朝食を用意してくれました。メクネスは英語なかなか通じなかったですね。空港では ゆっくりランチして最後の買い物を楽しみました。

最後に。。。
8日間 ハミド ドライバーハミドには大変お世話になりました。 2人の素晴しいホスピタリティーにすっかり甘えてしましました。朝、いつもビックスマイルで迎えてくれて、いつも車のドアを開けてくれて、いつも目が覚めたら(おはよう)と声を掛けてくれました。初めてのアフリカ。行く前は色々心配していましたが 今ではすっかりモロッコが好きになりました。ありがとうございました。
京子さん。素晴らしいスケジュールを立てていただいてありがとうございました。リヤド どれもgoodチョイスでした。中でも京子さんが勧めて下さった砂漠のテントは一生の思い出になりました。お世話になりました。

モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー
モロッコ体験談:2017/2/15〜2017/2/22
私が参加したのは7泊8日シャウエン、サハラ砂漠をめぐるツアーです。先輩と大学の卒業旅行でモロッコに行こうという話になり、シャウエンと、サハラ砂漠でラクダに乗れるのが魅力的でこのツアーに決めました。

<1日目 メクネス泊>
カサブランカ空港のゲート口で、ネームプレートを持ったハミドと運転手さんに会いました。とても流暢な日本語を話す方で、最初の挨拶から全て私たちはハミドと日本語で会話できました。日常会話はほぼペラペラといった感じで、英語がそんなには喋られない私は日本語に流暢な方で安心しました。

その日は3時間ほどのドライブでメクネスへ。ドライブ中、簡単な挨拶表現を手に書いて覚える(笑)ついたら、ホテルで晩御飯。まずは、ミントティー。甘くてすごく美味しかったです。

リヤドも装飾がモロッコ独特で、本当に可愛かったです。


<2日目 ヴォルビリス遺跡、シャウエン泊>
朝ごはんです!

そのあと、ヴォルビリス遺跡に寄った後シャウエンに行きました。ヴォルビリス遺跡では、現地のガイドさんがアラビア語(?)で解説してくれて、それをハミドが日本語に翻訳してくれながら散策しました。

アーモンドの木が花をつけていて、オリーブや草木が生い茂っている中に、紀元前の遺跡が今もそのままの形であったのは、幻想的でした。歴史に疎かったので、もう少し勉強していければよかったと思うものの、持参したガイドブック(アルコ)が結構役に立ちました。

そのあとは念願のシャウエン。ここに来ることが夢だった私は、もう楽しくて楽しくて。街全体が青く、幻想的な空間で目に見えるもの全てが美しかったです。あと街全体に猫がいてめちゃくちゃ可愛かったです。


新生銀行カードを持っていった私たちは、英語での降ろし方に不安を感じたのでハミドに頼んでATM案内をしてもらいました。 2、3件回ったのですが、結局広場のATMではなくて、街を下った先の2件銀行が連なっている、馬のマークの銀行でなんとかキャッシュをおろせました。モロッコは、新生銀行カードともう一枚キャッシュカードを持っていくと安心かもです。一時間くらいハミドに付き合わせてもらっちゃって、申し訳なかった、、。なんとかできたときにゴーヤヨーグルトをハミドがおごってくれて、もう感謝いっぱいでした。 モロッコ 体験談
私たちが泊まったホテルは、ホテル内の壁もシャウエンブルーでした。

ホテルの朝ごはん。ヤギのミルクチーズが美味しかった〜。

朝、日がまだ上がらないうちに丘に登ってみた風景。日が照っていないので、街全体が青に包まれているようでした。


<3日目 フェズ泊>
さて三日目はフェズです。世界遺産で数々のスークがあるということ街。フェズのホテルにチェックインした後、ハミドから地図をもらい、メインストリートなど主要なルートを教えてもらい、いざ出発。。金曜日ということもありお休みのスークが多いと聞いていましたが、結構空いているお店もあり。ディープな小道が多くわくわくしました。


もちろん、お買い物もしました、、!値引き交渉がんばっていっぱい買いました(笑)たまに値引き交渉がんばりすぎると『 You areベルベル!』と言われました(笑)ランプ、ピヤス、食器、、可愛すぎた。



<4日目 メルズーガ>
さて、今日は8時間のドライブをかけてメルズーガへ。ついに砂漠の街に行きます。ドライブ中の風景。羊、ロバ、なんかがポコポコいました(笑)途中、イフレン、アズルーの森、ズィズ渓谷、などちょこちょこ観光名所に寄りました。ズィズで渓谷で食べた、ヤシの実のお砂糖煮のお菓子がすごく美味しかった。お昼はヤギのお肉を食べました。

夜は、メルズーガ砂漠のオマージュホテル。観光客向けで、プールサイドもあって、すごくリッチな気分になるホテルでした。

スペイン人や、ペルー人の団体客もおり、ディナーはバイキング形式。

砂漠の中に建っているホテルだったので、夕食後はホテルから500mほど歩いて砂漠を散策しました。その日に砂漠で寝転がってみた、星が今まで見た星空の中で一番きれいだと思いました。 2月下旬だったので寒いかと思ってましたけど、思ってたより寒くなかったですね。ヒートテック2枚着て、セーターを着て、軽いコートを着たら、砂漠に20分寝てても大丈夫くらいでした。

砂漠で作った指文字(笑)

<5日目 砂漠の宿>
今日はちょっと早起き。7時半の日の出に合わせて砂漠の御来校を拝むためです。ホテルから少し歩いた丘の上で見ました。モロッコ 体験談 その後、朝食を食べ出発。オアシスを散策した後、ノマド宅の訪問。子ヤギがめっちゃ可愛かった。モロッコ 体験談 ミントティーを頂きました。彼女はベルベル人で、自給自足でテントを張って生活している人でした。モロッコ 体験談 こういう現地の人と交流できたのはすごくよかったです。ディープ・モロッコっていう感じ。

お昼は砂漠のピザを食べました。そのあとに頼んで飲んだコーヒーがスパイシーで特に美味しかった。確かコーヒーにナツメグを入れるんだと言ってたかなぁ。そのあと、ハムリア村でグナワの演奏を聴きました。モロッコ 体験談 歓迎の歌は耳からアフリカ独特のリズムで、離れず感動しました。最後は化石拾いをしました。30分くらいで、結構取れました。モロッコ 体験談

そうして、夕方ついにラクダに乗る時がきました。私を運んでくれるラクダは白くて大きかった。名前がついていて教えてもらったのだけど、忘れちゃってなぁ。(残念)ラクダに1時間のって今日私たちのテントがある場所に行きます。ターバンを巻いて夕食を食べて、(砂漠で食べた野菜タジンめっちゃ美味しかった)

アフリカン音楽の演奏を聴いて、また星空を眺めました。モロッコ 体験談
そうしてテント泊。テントだし寒いかなぁ、、、と思ってましたが、テントにあった毛布がとにかく暖かたくて杞憂に終わりました。「寒かったら、まだ毛布あるから言ってくれ」とも言われたので、特別な寒さ対策大丈夫かと思いました。

<6日目>
さて、今日も砂漠で日の出を見るために早起き。
サハラ砂漠の砂を空のペットボトルに入れて持って帰りました。朝ごはんのあと、ラクダに乗って出発。もう砂漠とはこれでお別れかと思うとセンチメンタルにちょっとなりながら、オマージュに戻りシャワーを浴びてから出発。トドラ渓谷などに寄りながらワルザザードへ。モロッコ 体験談

<7日目>
今日はアインベットバット散策。モロッコ 体験談モロッコ 体験談
カスバに寄って、アトラス山脈でお昼を取りました。
モロッコ 体験談 アトラス山脈は雪に覆われており、昨日まで砂漠にいた私は、モロッコには色んな顔があるんだなぁと知りました。ここで運転手さんが他の運転手さんと交代。彼はベルベル語と英語を話す人だったので、英語がそんなに喋られない私はそれほど会話ができなかったけれど、それでもトイレ休憩の時に、グッズショップで絵葉書を指さしながら会話したり、いつも笑顔で車のドアを開いてくれたり、コミュニケーションをとっていたから、別れるのが本当にさみしかった。「サハー」(ありがとう)というと、「モシュモシュケー」(どういたしまして)と笑顔で言ってくれて、本当に優しかった人だったので、泣きそうになりました。

でも新しい運転手さんも、本当にジョーダンが好きな人で面白かった。どう見ても若い風貌をしているのに、年齢を聞くと「65歳」だというから、「65歳に見えないほど若々しい」と真顔でしみじみというと、一人で大爆笑してました。本当は38歳くらいだそうです(笑)だよねっ。あと私は女の子が描かれた袋にお土産などを入れていたのですが、その袋を指して、「これは君?」と言ったりするんです。とにかくすぐ冗談をいう明るい人でした(笑)そうしてマラケシュの新市街のスーパーに寄りお土産を購入しました。

ハミドがついてきてくれて、色々日本語で教えてくれながら、オーガニックコスメやアルガンオイルやビールやミントティーのフレーバーを購入できました。傍にいた店員さんに少し英語で聞いてみたら、フランス語は分かるけど英語はダメらしく、本当にハミドがいてよかったです。そうしてマラケシュのホテルにチャックインした後は、マラケシュ散策。フナ広場で蛇を笛で操る芸を見たり、モロッコ 体験談オレンジジューススタンドでジュースを飲みながら、旧市街散策。
モロッコ 体験談 フェズより整備されていて客引きの押しが強くなかったですね。夜は、ハミドおすすめの屋台に入って夕食。エビのから揚げがサクサクでおいしかったです。そのあとまた散策をして、ホテルに戻りました。手元に残ったコインは、赤ん坊を抱えた女性に上げてしまいました。彼女が今も赤ん坊と一緒に幸せでいるといいなぁ。

<8日目>朝、朝食後、マラケシュ空港へ出発。空港は車で15分くらいでした。本当にハミド、サハー(ありがとう)です。言葉にならないくらい、サハーです。
以上私の体験記です。長々とお読みくださりありがとうございます。

モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー
モロッコ体験談:2017/2/15〜2017/2/22
2017年2月15日〜22日までツアーに参加した者です。
カサブランカ空港について無事荷物を取り、空港の外に出るとハミドさんがツアー客の名前のついたプラカードを持って立っていました。初めてハミドさんと話したとき、ハミドさんの日本語がとても流暢だったので、大きな安心感に包まれました。そこから車での移動によるモロッコ旅行が始まりました。

カサブランカからメクネス、シャウエン、フェズ……と続いたのですが、メクネスとフェズは約40キロの距離らしく(間違っていたらごめんなさい)、遠いシャウエンを間に挟まずフェズから言っても良かったのでは??と正直思いました。車内ではモロッコの鮮やかな景色がめくるめく流れていき、それを眺めるだけで十分楽しかったのですが、やっぱり目で見た光景を収めておかないと記憶が薄れてしまうので、車内でパシャパシャ写真を撮っていました。そんなとき、写真スポットになると車を止めてくれたのはとてもありがたかったです。

また、車内ではモロッコの言葉をハミドさんが教えてくれました。モロッコにはアラビア語とベルベル語があるらしく、そんなことも知らなかったのですが、本当に優しく丁寧に教えてくださいました。忘れた頃に何度も抜き打ちチェックが入ったので、アッサラームアレイコム!(こんにちは)、ワアレイコムサラーム!(こんにちはの返事)はそうそう忘れないでしょう。笑

本当になんでも教えてくれました。宗教のこと、スペインのこと、国内のこと、踏み込んだ質問でもあっけらかんと答えてくれるので、ふむふむなるほどと感心することが多かったです。

このツアーで一番感動したのは、何と言ってもホテルです。こんなにランクの高いホテルにばかり泊まってしまっていいのかしらと挙動不審になりながら、ふかふかのベッドで眠りにつきました。目を見張るモロッカンテイストのラグジュアリーな空間。どの地域のホテルもそれぞれ個性があり、その土地を象徴するような色合いや作りになっていて素敵でした。

あと、モロッコの料理は日本人の口にとても合います。何を食べても美味しかったです。タジン鍋は有名で、ミートボールが一番オーソドックスなのですが、私はワルザザートで食べたベジタブルタジンが一番好きでした。野菜の甘さとバターの香り、塩コショウの加減が絶妙で、日本でもまたこれが食べられたら、、と思う美味しさでした。

フェズやマラケシュなどでお買い物をする時間があるのですが、ここは完全にツアー客のフリータイムなので、ハミドさんがいるときの安心感はありません。フェズは本当に迷います。確実に地図から離れたよく分からない場所に行ってしまいます。フェズの街は観光客のよく行く街のはずなのにあまり標識などがなく、小道が多く建物に視界が遮られ、自分がどこにいるのか分からなくなります。そしてまた現地の人が道を教えてくれるのですが、本当のことを言っているのかわからず、誰を信じたらいいのか分からない、自分の感覚を信じるしかないという、なんだか人生の教訓めいた感覚に陥ります。でも振り切れてしまえば可愛いモロッコ雑貨がたくさん買えるので、自分と戦いながらショッピングを楽しめます。

砂漠に行く際、砂漠近くのホテルからラクダに乗りました。このときサハラ砂漠の風のロゴがついた青いターバンを巻いてもらいました。気分はサハラの住人です。こつこつとラクダの足音だけが聞こえる砂漠をただひたすら歩くのは最高の気分でした。
とても素敵なモロッコの旅になりました。本当にありがとうございました!
モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー
モロッコ体験談:2017/1/31〜2017/2/7 (1人旅、タンジェ発ツアー)
なぜモロッコを選んだのか、よく覚えてないのですが、なんとなく、そんな感じでモロッコ旅行を決めました。本当は誰か友達と一緒に行く予定でしたが、「アフリカだよ」というとみんな怖がって来てくれず、初めてのひとり旅になりました。しかし、モロッコ楽しみました!

私はポルトガルで観光をしてからスペインに入りフェリーでジブラルタル海峡を渡り、モロッコのタンジェ港でハミドさんと合流することになっていました。しかし、到着時間をすっかり勘違いしていて、予定時間よりも1時間遅れてしまったのですがハミドさんはちょっと遅いけど大丈夫と言って出迎えてくれました。
シャフシャウエン、フェズ、メルズーガ、ワルサザード、マラケシュ、そしてカサブランカ空港という流れでツアーを組んでもらいました。
メールの返信がとても早く、やっぱり変えたい!といってもすぐに対応してもらえて、本当に助かりました。

モロッコで好きだったものは、ミントティー、朝ごはんのクリップ、オレンジジュース、リヤド、砂漠、ラクダ、青い町、親切な人たち、アズルーの森の猿、ジュラバ、バブーシュ、などなどたくさんあってとても好きな、すてきな場所でした。
その中でもやっぱり1番は砂漠です。砂漠では急斜面を駆け上ってとっても高い場所から夕日を眺めました。朝はテントの近くの特等席で静かに朝日を待ちました、裸足で砂の上を歩き回っていたら霜焼けになるんじゃないかってくらい冷たかったです。なんて綺麗な場所なんだろうと永遠とぼーっとしてられるようなところでした。

ガイドのハミドさんも、ドライバーのモハさんも2人ともいい人で、移動中もベルベル語を教えてもらったり、モロッコのことを教えてくれたり、毎日楽しく過ごすことができました。
私は今日もLabasです!本当にありがとうございました!!saha!
また、いつかモロッコに行きたいと思っています、次は初夏がいいかなあ
モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー
モロッコ体験談:2016/10/16〜2016/10/27 (新婚旅行)
大変遅くなりましたが、旅行の感想をお送りいたします。
まずキョウコさん、ガイドのハミドさん、ドライバーのモハメドさんに感謝を申し上げます。 2週間の新婚旅行が素晴らしいものとなったのはお三方のお陰です。本当にありがとうございました。
私たちは新婚旅行だったため、ホテルのグレードや日数の使い方を普通の旅行より少し贅沢に組み立てたいと思い、キョウコさんに依頼をしました。他の方も書かれていましたが、自分たちの旅行のイメージや希望を最初にキョウコさんにお伝えしておくことは大事だと思いました。やり取りの中でキョウコさんから色々とアドバイスをいただけました。

旅行中、驚いたことはハミドさんの心遣いです。毎日車にペットボトルのお水が用意されていて、なんて日本人のことをわかってる人だと思いました(笑)それ以外にも移動時間が長い時などには随所でお声をかけていただき、ご配慮いただきました。
モロッコはたくさんの観光地があり、周遊するとなるとかなり車に乗っている時間が長くなりますが、車の中ではハミドさんがその土地の情報を色々と教えてくれましたし、雑談などもできて苦なく過ごすことができました。やはり、ハミドさんと日本語でコミュニケーションを取れることが大きいと思います。

ドライバーのモハメドさんは日本語は話されませんが、おちゃめで素敵な方でした。運転も安全運転であり、かつ、きっちり追い越すところは追い越すスキルが素晴らしかったです。ほぼ予定が狂うことがなかったのはモハメドさんのドライブスキルによるところかと思いました。

また、モロッコ旅行で印象深いのはお料理です。モロッコ料理の美味しさに毎日感激していました。タジン料理はほぼ毎日食べていましたが、私は全く飽きることなく楽しめました。スパイスが効いているので、夫はたまに他の味を欲していましたけれども、イタリアンなどのレストランもあるので問題ありませんでした。特に、シャウエンのホテル(Dar Chefchouen)の野菜タジンは忘れられません。
宿泊はほとんどの日がリヤドでした。リヤドは内装が素敵で、各リヤドで工夫があるので毎回楽しめました。ただ、私たちのように2週間の長い旅行の場合には、気分を変えるために普通のホテルをはさんでもいいかもしれないとも思いました。キョウコさんにご紹介いただいたリヤドはどこもアクセスが良くサービスも良かったです。

砂漠ではオーベルジュとテントにそれぞれ一泊ずつしましたが、オーベルジュではかなりのんびり過ごすことができました。設備もしっかりしていて快適でした。テントは、シャワーなどもちろんホテル並にはいかなかったですが、清潔なトイレ付きで問題なく過ごせました。我々の泊まったテントはかなり立派なものだったと思います。テントに泊まる方はラグジュアリーテントがオススメです。

全体を通じて、とても快適な旅となりました。繰り返しになりますが、プランニングから始まり、現地での心配りに溢れた対応、全てが素晴らしかったです。本当にありがとうございました。もし、身近にモロッコを旅行するという人がいたら間違いなくサハラ砂漠の風にお願いすることを勧めようと思います!
最後に、ハミドさん、日本にまた来るとおっしゃっていたので、いつかまたお会いできることを楽しみにしています!!ありがとうございました。
モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー
モロッコ体験談:2016/10/8〜2016/10/15
モロッコでは、本当にハミドさんにお世話になりました。ハミドさん、ドライバーさんのエスコートで全旅程をスムーズにまわることができました。無理な行程だったにも関わらず、全ての希望した観光地をまわれたので、個別手配にしてよかったと感じています。
一番印象に残っているのは、砂漠で期待以上に素晴らしい景観に感動しました。
モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー
モロッコ体験談:2016/5/1〜2016/5/3
「サハラ砂漠の風」という会社名と、WEBサイトのトップページのハミドの写真が、とても素敵だなと思い、今回お願いさせていただきました。
お願いしたのは、マラケシュ発フェズ着の、サハラ砂漠の旅(2泊3日)です。モロッコは見どころが多く、サハラ砂漠のツアー含め、どのようなルートを立てるか最初は悩みましたが、キョウコさんは親身に電話で相談にのってくださり、おかげで日本にいるうちに旅行プランたてることができました。
現地で迎えてくれたハミドはとても気さくで優しく、日本語も堪能なので、旅を万全にサポートしてくれました。紹介してくれたホテルはどれも素晴らしく、感謝しています。
旅で特に感動したのは、なんといっても、砂漠でみた星空です。音も街のあかりもなく、しんとした世界で見る流れ星は最高でした。
モロッコ旅行を検討している友人がいたら、ぜひ「サハラ砂漠の風」を紹介したいと思います。本当にありがとうございました。