モロッコ旅行記 体験談 2014

旅行記に記載される期間はいずれも、モロッコ国内で過ごした期間です。
モロッコ旅行記:2014/11/20〜2014/11/29
念願のモロッコ旅行をサポートしていただきありがとうございました。
ハミドさんとドライバーのユセフさんのおかげで安全で快適な旅ができました。
私達はほとんど英語ができなかったので、お二人には大変ご苦労かけたかと思います。
笑顔と気遣いで誠心誠意対応して下さり感謝しています。
・常にOK?サッハ?と声をかけて気遣ってもらった
・ローカルな店や露天などパックツアーでは行けない所に連れて行ってもらえた
・晩御飯のお店変更などすぐ対応してくれた
・いくつかのお土産や写真をいただいたこと、ハミドさんの実家でお茶をいただいたこと
・・・などなど、正直ここまでしてくれるのか!と驚くほどでした。

全般的にぐずついた天気で、カラッとしたモロッコのイメージとは違い気候的にはすごしやすかったです。
メルズーガに行く途中の道が雨で川になっていてどうなるかと思ったのと、
マラケシュ2日目が雨&金曜日で何もなかった!のが一番のアクシデントでしょうか^^;
曜日とどのシーズン*にするか日程選びは重要だなと思いました。
アイトベンハッドは登るのを楽しみにしていたのでとても残念でしたが、
迂回せずに移動できただけ良かったです。
1日中の車の運転、氾濫した川を渡り、砂漠でもルートを探し・・・と
ユセフさんもとてもハードな日々だったと思います。
いつも笑顔で優しく接してくださり感謝しています。
(注:11月は特に天気の悪いシーズンではないのですが、たまたま、アトラスに降った大雨の影響で河川が溢れ、 道路の通行止めやアイトベンハッドへの立ち入り制限などがありました・・・・by サハラ砂漠の風)

一番楽しかったのはやはり砂漠です。
ラクダに乗ってサハラ砂漠を行く、これが夢だったのでついに砂漠にいるのか!と感激しました。
オーベルジュに滞在する時間がほとんどなかったのでもう一泊したかったくらいです。
マラケシュのお店めぐりも刺激的でした。

モロッコ料理は基本的にパクチーが使われているのに驚きました。
渡航前に知ったのですがイメージになかったので。
私達は二人ともパクチーが苦手だったので極力パクチー抜きでお願いしました。
野菜や煮込み料理が多く、パンもおいしいので毎日お腹いっぱいでした。

いくつか希望するとしたら
・とにかく食事の量が多く、ほとんど残してしまうこともありました。
 昼食は2人で一つだけ注文した日もありました。
・車内に地図があるとうれしい。 広域を移動しているので手持ちのガイドブックの地図では足りなかった。国内地図が見れたらどこを移動しているか良く分かっていいと思います。
(注:車内に地図、用意しておきます。・・・・by サハラ砂漠の風)
・車内でWi-fiが使えることをHPに載せてもよいと思います。 ホテルやお店など、日本で事前に調べたよりもだいぶネットはつながったので便利でした!
(注:車内でWi-fiが使える車は、残念ながら全車ではありませんが、使える車もあります。・・・・by サハラ砂漠の風)

基本的な工程が同じになるのでツアーバスと一緒になることがありましたが、小回りがきいて希望をきてもらえる分、やはり個人手配の旅はいいな〜と思いました。
写真と旅行話でせっせと周囲にモロッコ宣伝していますので!
友人が旅行する際にはサハラ砂漠の風さんを紹介させていただきます。
ありがとうございました。

旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記
モロッコ旅行記:2014/10/24〜2014/11/1
数年前から行きたかった国モロッコ。
毎年、海外旅行を計画する際、モロッコを行先の候補のひとつにしていました。
ただ、日程と予算、工程内容、なかなか納得のいくものに巡り合えず、モロッコ旅行を先延ばしにしておりました。 毎回、団体旅行に参加して海外を巡っておりましたが、モロッコは少人数で行きたいとずっと思っていた ところ、「サハラ砂漠の風」さんに出会いました。問い合わせをすると、すぐに返事がきました。
自分の行きたい場所、日数、予算を伝えたところ、個人旅行ということもあり、予算オーバー。
そこで、色々と相談をし、一番行きたかったサハラ砂漠を中心に旅行の工程を組み立てて頂きました。
一人では予算オーバーでしたので、ツアーメイトも探して頂き、なんとか予算内におさまり、
モロッコへ向けて出発しました。

【日程】
1日目 カサブランカ空港→メクネス
2日目 ヴォルビリス遺跡→シャウエン
3日目 シャウエン→フェズ
4日目 フェズ
5日目 フェズ→メルズーガ
6日目 砂漠ツアー→ツーリストテント
7日目 トドラ渓谷→カスバ街道→ワルサザード
8日目 アイトベンハッド→アトラス山脈→マラケシュ
9日目 マラケシュ駅〜列車〜カサブランカ空港
各場所の体験談は、他の方々が詳しく書かれておりますので、私は旅で感じたことを簡略し書かせて頂きます。

<良かったこと>
・現地のことを良く知るベルベル人のハミドさんがガイドだったこと。
 簡単な日本語は理解できる、しゃべることができる
・ドライバーさん、長い道のりを安全運転。
・写真撮影ポイントに止まってくれること。
・シャウエンでの自由観光(日中、夕焼け、夜景を楽しめます。)
・バラ製品、ベルベル絨毯、アルガンオイル等のお土産が購入したいことを伝えたら、立ち寄ってくれました。
・個人旅行なので、多少のわがままも聞いてくれます。
・サハラ砂漠ツアー
   グナワ演奏では、観客は私達だけ。皆で踊りました。
   化石探しも楽しかったです。
   ノマドのお宅訪問しミントティーをご馳走して頂きました。
   砂漠のピザも美味しかったです。
・ラクダに乗って、砂漠のテントへ。
 残念ながら、綺麗な夕日と朝日は雲に隠れてしまい見ることが出来ませんでした。
 星空は、明け方に見ることが出来ましたが夜は残念ながら雲に隠れてほとんど見えず・・・。
・アズルーの森でサルと戯れたこと
・マラケシュのフナ広場

<食事>
朝食は、パンと絞りたてのオレンジジュース、コーヒー又はミントティー。オムレツがつくことも。
夕食は、モロッカンサラダとタジン鍋。ほとんどとに、コリアンダー(パクチー)が刻まれ入っておりました。パクチー嫌いの私には少しつらい食事でした・・・。
あと、夕食は、量が多いですね。タジン鍋は食べきれず毎回残すことに・・・。

<宿>
リアドやホテルの部屋は可愛らしかったです。エアコンも常備されております。予備毛布もあります。
シャウエンでは、朝5時頃にホテルの近くからイスラム教のお祈りの音が聞こえてきて、
早い目覚まし時計変わりに(笑) イスラム圏にいるんだな〜と感じました。

<列車>
予算の関係上、帰りはマラケシュから空港までは列車を利用しました。
一人でモロッコでの列車移動。ドキドキでした。途中、カサボヤージュにて乗り換えがあります。
マラケシュ駅からはほぼ定時に出発。ただ、カサボヤージュから空港への列車が30分遅れました。
他の列車も遅れているようで、ホームには空港行きの人とマラケシュ行きの人が入り混じっていました。
無事に空港へつくことができました。カサボヤージュ駅では、日本人男性のバックパッカーが3人ほどおりました。ローカル感が味わえてよかったです。

モロッコは様々な顔を見せてくれる魅力ある国です。
旧市街、遺跡、渓谷、砂漠、オアシス、山、今回は行くことが出来なかった海と、モロッコ以外にこんなに沢山の自然や景色を見られる国はあるでしょうか?
また機会があればモロッコを訪れ、今回行くことが出来なかった、エッサウィラ、アルジャディーダ、
タンジェ、ティトゥアンと海岸沿いの街を巡ってみたいものです。
モロッコからジブラルタル海峡を渡り、ヨーロッパへ足を延ばすのもいいかもしれません。
その時は、また「サハラ砂漠の風」さんを利用させて頂きたいです。本当に今回はありがとうございました。

旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記
モロッコ旅行記:2014年9月13日〜22日
(男性1人旅) 9月のモロッコ旅行では、お世話になりました。
旅の感想など、お送りしようと思いながら12月に至ってしまいました。
たまに、モロッコで撮った写真などを見て、モロッコで過ごした日々を思い出しております。いままで、旅行で訪れた国では最も遠い国ですが、記憶での距離は とても近くに感じます。うまく言えませんが、すぐに行けそうな感じがしています。

モロッコは、以前から行きたかった国で、スークのごちゃごちゃした雰囲気に非常に興味を持っておりました。その他、もともとアラブ諸国に興味があったのですが、 安全に旅行のできる国が限られているのは悲しい限りです。

モロ ッコの人々の印象は、他の人がブログなどで書いているとおり、マラケシュなどの観光地とアトラスを超えたところに住む人々ではかなり違った印象を持ちました。 マラケシュでは、買い物をする際に店員のねちっこさに辟易する場面も多々ありました。 テレビでよく価格交渉を激しく行っているシーンを、普段の生活からは違和感を持ってみていましたが、数日間モロッコで暮らした後は、それを自分が行っていることに(もちろん激しくはありませんが)、 人間の順応を感じました。
買い物をする際に、相手の価格が異常に高いという先入観をもって交渉していましたが、今にして思うと それほど高価ではなかったんだなと感じています。買い物で疲れを感じることはありましたが、楽しい思い出の方が多く残りました。

そうそう、ドライバーのブラヒムは元気に仕事を続けておりますでしょうか。 ブラヒムとは、お互いの英語をすり合わせながらコミュニケーションをとっていました。 実は、旅行のガイドをお願いする時に、あまり観光客に慣れていない現地感が溢れるガイドが良いなと 思っておりましたが、ブラヒムはそんな私の願いにあったガイドでした。
ブラヒムを含め、アトラスを超えた地域に住んでる人々は、温和で親切な人ばかりでした。 マラケシュで疲れた心に安らぎを覚えたほどです。(笑)

アルガンオイルの店では、キョウコさんに紹介いただいた、『旅の指さし会話帳』の本が活躍しました。 店の店員が、「私もこれ持ってる」と私の本を指し、自分の娘に見せていました。 それまで黙々とアルガンの実を砕いたり磨り潰していた少女達にも、この本を見せると、 この言葉を言ってみてと皆笑いながら、本の絵を指さしていました。

今回の旅のメインの一つであるサハラ砂漠では、あいにくの砂嵐でキャンプにたどり着くまで、やや辛い思いをしました。 キャンプから戻り宿泊したメルズーガのホテルで日本人ガイドが、「こんな砂嵐は3か月に一度ですよ」と自分のツアー客に話しているのを聞いて、 何とも不運だったんだろうかとも感じておりました。
サハラ砂漠での星空は、砂嵐のため日本で見る星空くらいでしたが、明 け方前に目が覚めた時は砂嵐が止んでおり、深い星の海を見ることができました。

テントについてですが、テント内は結構熱く、布団も暑くて眠れませんでした。また、新しいシーツは用意されていたのですが、テント内の布団に寝るのは私は結構抵抗がありました。ベンチやサマーベッドの方が良いと思います。外のベンチで星空を見ながら寝ているガイドがうらやましくもありました。
(注:寒くない時期であれば、テントのスタッフに外で星空を見ながら寝てもよいか、聞いてみてください。相談にのってくれる場合もあります。by サハラ砂漠の風)

モロッコでの食事はどれもおいしく、特にパンやスイーツは外れなしでした。 意外と言っては失礼ですが、メルズーガのホテルで食べたディナーが、 旅行中一番美味しい食事でした。このホテルのイスマイルという少年は、日本語が上手でとても気配りの効く少年でした。

ブラヒムの実家に招いてもらった時に、オリーブオイルのような物をパンに付けていただいたのですが、何という名前か忘れてしまいました。 オリーブオイルではないと言っていましたが、とても美味しいものでした。
ブラヒムについてですが、控えめで素朴で親切なドライバーでした。 ブラヒムは親切なサービスを心がけているようでした。もしかしたら、 そういう性格なの かもしれないなとも思っています。

つたない文章になってしまいました。まだまだ書ききれない思い出は沢山あります。 夜も更けてまいりましたので、このへんにしたいと思います。 またいつか、モロッコに行きたいと思います。インシャラ―。
今回の旅で楽しい思い出を得ることが出来ました。 ありがとうございました。

旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記
モロッコ旅行記:2014/9/9〜2014/09/17
先ほど無事関空に到着し、自宅へ向かっています。
この度は、何ヶ月も前から、たくさんの変更や要望に応えて頂き、最高の旅を計画して頂き、本当にありがとうございました!!
おかげさまで、最高の経験をすることができました。
上手く表現できませんが、これ以上の感動と心温まる経験は今までありません。
また、必ずモロッコ、特にサハラを訪れたいと思います。

ハミドの待遇もあまりの親切さに驚きました。
ぜひこれからもたくさんの方にモロッコ、ベルベル人の素晴らしさを伝えるお手伝いを心からお願いいたします。
わたしも何かできることがあれば何でもしたい所存です。
本当に長期に渡り、ありがとうございました!

旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記
モロッコ旅行記:2014/7/29〜2014/08/6
この度は、モロッコ旅行のお手伝いをありがとうございました。
おかげさまで、思い出に残る、とても素晴らしい旅をすることができました。
ここ数年、女二人で夏休みに海外旅行を楽しんでいます。団体のパック旅行は嫌ですので、 航空券とホテルの予約だけを取って現地でなんとか、、、というような形で、 気ままにいろいろな国を旅してきました。
しかし今回のモロッコは、調べれば調べるほどなかなか個人旅行が難しい国であるような印象を受けましたし、 また砂漠も含めて限られた時間でモロッコのできるだけたくさんの場所を回りたいと欲張りましたので、 サハラ砂漠の風さんに希望を伝えて手配をお願いすることにしました。

カサブランカ空港到着からドライバーさんにお迎えしてもらい、ほぼ一週間、 ドライバーさんが運転する四駆で自分たちの好きなところに行ってもらい、 移動や宿泊などについて心配することなく、終始安心してとてもゆったり過ごすことができました。
ホテル(リヤド)もとても良いところをとっていただき、大変満足のいく旅となりました。
私自身これまで20か国以上は海外旅行に行っていると思いますが、 モロッコはその中でも旅行先としてはおすすめ上位に入る国です。
マラケシュやフェズのメディナ(旧市街地)、カスバ、オアシス、砂漠、、、など 行く場所場所で違う国かと思うほど、それぞれに違った特徴と魅力があり、 どこをとってもフォトジェニックで美しい風景がありました。
建築物やインテリアも本当にきれいでしたし、イスラム教の文化もとても興味深いものでした。
挙げればきりがありませんので、この旅で中でも特に良かった点についていくつかご紹介します。

旅行記 最初から最後までずっと同行してくれたドライバーのモハメッドには感謝です。
モロッコを一週間でほぼ一周するような、一日300キロ以上の移動もあるような旅でしたが、 私たちが疲れて居眠りをしている間も(もちろんですが)いつも安全運転で、 快適なドライブでした。気さくな人柄で、私たちも気を許して楽しく旅をすることができました。
ほぼ一日車で移動という日もありましたが、どんどん変わっていくスケールの大きな風景を見ていて 飽きることはありませんでした。モロッコでのドライブはおすすめです。

旅行記 フェズで付いてくれた日本語ガイドのマダニさんは日本語が驚くほど流暢で、迷路のようなフェズの路地を案内してくれると同時に、 モロッコの歴史や文化などについてとても詳しく教えてくれました。
フェズのメディナでは絶対にガイドをつけた方がいいと思います。

旅行記 マラケシュやフェズといった都市では、宿泊はリヤドでした。
インテリアなどとても素敵でした。せっかくのモロッコ旅行ですので、リヤドでの宿泊をおすすめします。

旅行記 青い街シャウエンにも一泊しました。
モロッコはどの街も素敵でしたが、この街では特にたくさん写真を撮ってしまいました。
メルヘンチックで特に女性は好きな街なんじゃないかと思います。

旅行記 砂漠では、一泊はホテル、一泊はキャンプで宿泊しました。
キャンプへ行くのに、夕日の中を約2時間ラクダに乗りました。股関節が痛くなりましたが、 砂漠に沈む夕日に一面がオレンジ色に染まって、とっても美しく幻想的な風景を楽しみました。
砂漠ではもちろん夜は満天の星が見えました。世界でもなかなかできない体験だと思います。
高齢の方などは体力的にややきついかもしれませんが、それだけの価値はあると思うので、 モロッコに行くならぜひ砂漠に行くことをおすすめします。

旅行記 マラケシュからアトラス山脈を越えて、Telouetというカスバを訪れました。
ここは日本のガイドブックにはあまり載っていませんが、内部の装飾、 特にゼリージュタイルが本当に美しくて、ため息がでるほどでした。ぼろぼろの外壁からは内部の美しさは想像できません。

以上です。また時間があれば、次はどこかの街で数泊ゆっくりしてみたいなと思います。

旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記 旅行記
  写真をクリックして
2014年春・夏
旅行記を見る