モロッコ体験談 旅行記 9月

体験談・旅行記をお客様から頂戴しました。

体験談に記載される期間はいずれも、モロッコ国内で過ごした期間です。写真はいずれもお客様のご提供です。

モロッコ体験談: 2017年9月9日~15日
念願のモロッコ旅行☆今回一緒だった友人が、モロッコに訪れた際の写真を見せてもらったり話を聞いて以来、ずっと行ってみたいと思いを寄せていたモロッコ。その中でも特に砂漠には魅了されていました。そんな私の思いを叶えるべく、友人がそれなら一緒に行こうと再訪を計画。念願のモロッコ旅行が実現しました。友人に感謝☆格安の航空券をゲットし、私は関西からだったので日本⇔モロッコ間の移動が30時間。モロッコ全土色々行きたいところはあったのですが、今回は砂漠を中心に7日間(+3日)での旅程を計画しました。



1日目
長いフライトを終え、モロッコ入り\(^o^)/はしたものの、カサブランカからマラケシュへ列車で再び移動。乗り継ぎもあり、間違った列車に乗らないように不安を募らせながらの中、途中の乗り継ぎで1時間列車が遅れての到着(>_<)ようやく到着した列車に乗り込み約5時間+1時間の列車の旅を終え、マラケシュに到着!!! 列車は広々とした座席でゆったりできました。マラケシュ駅でハミドさんが温かくお出迎えしてくださり、宿泊先リヤドへ。リヤドも楽しみの一つ。可愛くリヤドの独特な雰囲気にモロッコモード全開に。長旅の疲れはあったものの、すぐに友人とふたりでフナ広場へ。写真で見ていた風景が目の前にあり、すごく賑わう人々に少々圧倒されつつも、その雰囲気を楽しみました。屋台で初のクスクスを食べました。お味は…これがクスクスね…といったかんじかな…(^^;) でした。フナ広場をフラッとしてリヤドに戻り、シャワー。心配していたシャワー事情もちょいぬるちょい弱でしたがまずまずでした。

2日目
リヤドの朝食からスタート。焼きたてのムサンメン、バグリール?やフレッシュオレンジジュースなどなどおいしく朝から満腹。そしてスークへお出かけ。スパイスやコスメ、小物雑貨、バブーシュ屋、民族衣装屋、さまざまなお店に立ち寄り散策。中でも、スパイスやコスメが並ぶお店では店主の方にいろいろ教えてもらいながら、お顔にアイメイクやベルベルタトゥー(笑)を描いてもらったり、ミントティーをいただいたり楽しいひとときを過ごさせていただきました。そこでいただいたミントティーはすごくおいしかったです♪ランチの後、再びスークへ。ありとあらゆる通りを散策し、最終的には出口が不明で迷子にもなりつつも、歩きに歩いていろんな方々に出会いながら出口へ。スークの独特の雰囲気を存分に楽しめました。その後、わけあって個人的に行きたかったアンサナ・スパへ。心身を癒しリセット。夜はマラケシュ最後の夜ともあって再びフナ広場とスークへ。フナ広場周辺であちこちにあるリヤカー屋台のサボテンの実を食べたくも、システムがわからなかったけどトライ。食べた分だけお支払いなかんじでしたが、とりあえず一つだけ。店主の方が皮をむいてくれて実を手渡されいただく。お味はどう表現すべきか…甘~いとかでもなく…みずみずしいお味でgood。活気あふれるマラケシュの夜をあとに2日目終了。

3日目
朝、ハミドさんとドライバー サイードさんのお迎えで、ダデスへ出発。途中、アイト・ベン・ハッドを観光。絵の中、映画の世界の風景でした。そこで生活している人の家の中にもお邪魔させていただきミントティーをごちそうに(^^♪ほぼ移動の一日でしたが、アトラス山脈など壮大な景色を見ながら、自然の風を浴びて贅沢なドライブでした。

4日目
この旅、最大の目的地、メルズーガ、砂漠へ。途中、トドラ渓谷を散策。壮大な崖と清流、すばらしい景観の中でみんなでフルーツを食べ、のどかなひとときを過ごし、再びドライブ。車窓の中から砂漠の大地が見えはじめメルズーカに到着。そしてラクダに乗ってツーリストテントに。念願のこの風景にエキサイティング!!ラクダはおしりが痛くなったり変に力が入ったりしないかなと心配していたものの問題なしでした。ラクダちゃんの一歩一歩違う足並みも楽しみながら、オレンジに広がる色あざやかな雄大な風景に感動。砂丘の頂上に歩いて上りSunsetを眺める。サラサラ砂と心地良い風、澄んだ空気、静寂の中に見るSunset。五感が研ぎ澄まされる感覚を覚えました。ツーリストテントはトイレもシャワーもあり、テントの中はホテルのようでした。夜は民族楽器での演奏を楽しみ楽しいひとときを過ごした後は、地面に寝そべり星空眺める。流れ星、ミルキーウェイ、ものすごく贅沢な至福のひとときでした。気候は寒くも暑くもなくとっても心地よかったです。砂漠最高~!!!

5日目
日の出前に起床し、日の出を見に砂丘の上へ。曇っていたのでちょっと残念でしたが…日の出の後朝食を済まし、ラクダに乗ってツーリストテントを後に。ハミドさんのお宅にもお邪魔させてもらったり、ノマドのお宅を訪問、グナワの演奏を聴き、ランチは砂漠のピザ。オアシスを散歩して、宿泊先リヤドに。リヤドではプールに入ったり、プールサイドでのんびり、そして砂漠のクワット体験。ハラハラ、ドキドキでもありましたが、とても楽しかったです。夜は再びプールサイドで星空を眺め、至福のひととき。

6日目
ワルサザートへドライブの一日。途中化石器博物館に立ち寄り、帰国後お気に入りとなったセレナイト?キャンドルホルダー購入。そこのおじさんのプライス設定に苦笑いもありつつ…。ホテルに到着後ワルザザートの街へ。マラケシュのフナ広場で唯一心残りだったエスカルゴを食す。現地の食にトライすることが大好きな私としては大満足。かたつむり?もそれを煮ているスープもスパイシーでgood。濃厚フレッシュフルーツジュースも飲んで満腹。

7日目
早朝、ワルザザート空港へ。ハミドさん、サイードさんとお別れし(T_T)、飛行機でカサブランカに戻り、帰国のフライトまでの時間にハッサンモスクへ。モロッコの砂漠のイメージから一転、そこには海の景色が広がっていました。モスクは中にも入れ、外観はもちろん中もすごく美しかったです。そしてフライト時間を迎え、帰りたくなーいと後ろ髪ひかれながら、帰国の途に。

旅の計画は友人がハミドさんやキョウコさんが何度となくやり取りをしてすべて手配してくれました。友人は二度目のモロッコということもあり、一度目の体験をもとに私好みに計画してくれました。キョウコさんやハミドさんにはさまざまなリクエストに応えていただき、とても親切に細かなご案内やアドバイスもいただきました。旅行中のハミドさんの心遣いは素晴らしく、明るく楽しく安全安心快適に旅をアテンドしていただき、心より感謝いたします。またキョウコさんもネットを通じてコンタクトを取り、旅を見守ってくださっていたようで、私は直接お話さていただいておりませんが感謝しております。ドライバーのサイードさんも機転が利く楽しいナイスガイで長距離移動の中、心地良い安全なドライブをしてくださり感謝です。皆々さまのおかげで最高のモロッコ旅行ができました。本当に本当にありがとうございました。またいつか再訪し、皆様とともに旅をしたいです。
“Shahara Breeze Travel” サハ!サハ!

旅のキーワード
#サハラ砂漠の風 #フナ広場 #リヤド #スーク #バブーシュ#アルガンオイル #スパイス#ファティマ #ジェラバ #ジャスミン #ローズ #おもしろキティ#アイト・ベン・ハッド #アトラス山脈#トドラ渓谷 #ラクダ #砂漠#砂漠の空気 #砂漠の砂#砂漠の景色 #星空 #民族楽器#グナワ#ホテルのようなテント #クワット体験#ノマド #オアシス #アンモナイト#ハッサン2世モスク#アンサナ・スパ#タジン #モロッカンサラダ #クスクス#ブロシェット#ハリラスープ #ベルベルオムレツ #ミントティー#サボテンの実#エスカルゴ #カリン#アーモンド #オリーブ#デイツ #フレッシュフルーツジュース#ベルベル人#友人#キョウコさん #ハミドさん #サイードさん #サハ

モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 モロッコ 体験談 シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー シャウエン 砂漠 テント ツアー
もっと体験談を読んでみたい方は下記をクリックしてください
体験談1月
体験談2月
体験談3月
体験談4月
体験談5月
体験談6月
体験談7月
体験談8月
体験談9月
体験談10月
体験談11月
体験談12月