モロッコのデーツ

デーツはなつめやしの実で、秋10〜11月に収穫されます。モロッコのデーツの生産量は世界13位(2012年)です。 エラシディア、ワルサザード、ザゴラ、Figuig, Tataの各地区で主に生産されています。
国内では223種のデータが栽培され、その他登録されていない亜種は1800種にも上ります。 モロッコ原産のデーツとしては、Boufeggous、Bouskri、Jihel、Medjoolといった品種があり、高値で取引されています。

年間1人2.82kgものデーツがモロッコでは食べています。特にラマダンやイスラムの新年にあたる時期(Achoura)によく食べます。 ラマダン明けにミルクとデーツを一緒に食べるのは定番です。
スーパーマケットでは収穫時期以外はチュニジア産のものも売られていますので、ぜひ、モロッコ産のものを産地で試してみてください。
旅行から帰ったら、デーツを使ったお料理、お菓子、スムージーなどにチャレンジしてみてください。

デーツはジャム、シロップなどに加工されているほか、マクルードやハルバなどのお菓子に使われています。
また、マルシェバックはデーツの葉が原料です。

 

砂漠ツアー(出発地・最終地の変更可)
モロッコ周遊ツアー(モデル)